辰野町 求人情報サイト「たつのしごと」利用規約

本書は、辰野町が提供する辰野町求人情報サイト「たつのしごと」に求人情報、求職者の情報を掲載するサービス(以下「本サービス」)の利用に関して定めるものです。利用規約に同意しない場合は本サービスを利用することはできず、利用を申し込まれた時点で、本規約に同意されたものと見なします。また、この規約は予告なく改訂もしくは更新される場合があります。

第1章 総則

■第1条(提供するサービス等)

1.辰野町は、本利用規約に基づき、本サービスを次項第3号に定める利用登録 事業所、次項第4号に定める求人事業所、次項5号に定める求職者に提供します。
2.本利用規約においては、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。
(1)求人情報提供
本利用規約に基づき、辰野町が利用登録事業所から提出された資料の情報を「たつのしごと」に掲載するサービス
(2)インターンシップ情報提供
本利用規約に基づき、辰野町が利用登録事業所から提出された資料のインターンシップ情報を「たつのしごと」に掲載するサービス
(3)利用登録事業所
本利用規約に基づく利用契約を辰野町と締結し、本サービスの提供を受け る事業所
(4)求人事業所
本利用規約に基づく利用契約を辰野町と締結し、「たつのしごと」を閲覧する法人
(5)求職者
「たつのしごと」を閲覧して求職する個人
(6)利用契約
本利用規約に基づき辰野町と利用登録事業所、利用登録者との間に締結さ れる、本サービスの提供に関する契約
(7)本サービス提供設備
辰野町が本サービスを提供するにあたり、辰野町が設置する電気通信設備その他の機器及びソフトウェア
(8)「たつのしごと」
辰野町が本サービスを提供するにあたり、辰野町が設置するWebサイト   (http://www.tatsuno-job.jp/)
3.辰野町が利用登録事業所、求人事業所、求職者に対して発する第2条(通知)に規定する通知は、本利用規約の一部を構成するものとします。
4.辰野町が、本利用規約の他に本サービスに基づき別途定める利用契約等で規定する本サービスの利用上の注意事項又は利用条件等の告知も、名称の如何にかかわらず、本利用規約の一部を構成するものとします。
5.本サービスにおいては、サービス品質向上のため対面、電話、電子メールなどによる問い合わせ内容を記録します。

■第2条(通知)

1.辰野町から利用登録事業所、求人事業所、求職者への通知は、通知内容を郵 送、電話、電子メールの送信又は「たつのしごと」への掲載など、辰野町が適当と判断する方法により行います。
2.前項の規定に基づき、本サービスから利用登録事業所、求人事業所、求職者への通知を郵送、電子メールの送信又は本サービスの公式Webサイトへの掲 載等により行う場合には、当該通知は、その内容が本サービスから発信された時点に行われたものとします。

■第3条(本利用規約の変更)

1.辰野町は、利用登録事業所、求人事業所の了承を得ることなく、本利用規約 (本利用規約に基づくその他の利用契約等を含みます。以下、同じとします) を随時変更することがあります。なお、本利用規約が変更された場合には、利用登録事業所、求人事業所、求職者の利用条件その他利用契約の内容は、改定後の本利用規約を適用するものとします。
2.改定後の本利用規約については、辰野町が別途定める場合を除いて、「たつのしごと」に表示した時点より、効力を生じるものとします。

■第4条(合意管轄)

利用登録事業所、求人事業所、求職者と辰野町の間で訴訟の必要が生じた場合には、辰野町所在地を管轄する裁判所をもって合意上の専属的管轄裁判所とします。

■第5条(準拠法)

本利用規約に関する準拠法は、日本法とします。

■第6条(協議)

本利用規約に記載のない事項及び記載された事項について疑義が生じた場合は、辰野町と利用登録事業所、求人事業所、求職者が誠意をもって協議することとします。

第2章 利用契約の締結等

■第7条(利用の申し込み)

本サービスの利用の申し込みをする方(以下「申込者」といいます)は、本利用規約に同意の上、辰野町所定の方法により行うものとします。

■第8条(承諾)

1.利用契約は、前条(利用の申し込み)に定める方法による申し込みに対し、辰 野町所定の方法により、辰野町が承諾の通知を送付又は発信したときに成立します。ただし、次のいずれかに該当する場合には、辰野町は、申込者による本サービスの利用の申し込みを承諾しないことがあります。
(1)申込者が実在しない場合
(2)辰野町の利用の申し込みの際に、虚偽の届出をしたことが判明した場合
(3)同一の個人・法人ないしは同一所在地に居る個人・法人があきらかに不自然な多重申込をしたと認められる場合
(4)申込者が、申し込み以前に本サービスの利用登録を辰野町から解約され たことのある場合、又は申込者による本サービスの利用が申し込みの時点で、一時停止中である場合
(5)申込者への本サービスの提供に関し、業務上又は技術上の著しい困難が 認められる場合
(6)申込者が、辰野町又は本サービスの信用を棄損する恐れがある方法で本 サービスを利用する可能性があると辰野町が判断した場合
(7)申込者が、第16条(禁止事項)のいずれかに該当する行為をする恐れが あると辰野町が判断した場合
(8)その他辰野町が適当ではないと判断した場合

■第9条(利用登録事業所の登録情報の変更)

1.利用登録事業所は、その住所、電話番号、その他、辰野町への届出内容を変更するときは、辰野町へ直ちに辰野町所定の変更手続きを行うものとします。
2.前項の届け出がなかったことで利用登録事業所が不利益を被ったとしても、辰野町は一切責任を負わないものとします。

■第10条(利用登録事業所からの解約)

利用登録事業所は、利用契約を解約しようとするときは、辰野町指定の方法により、その旨を辰野町に通知するものとします。この場合、毎月の初日から末日までに辰野町に通知のあったものについては当該通知のあった翌月の末日に、利用契約に解約があったものとします。

■第11条(辰野町による利用契約の解約)

1.辰野町は、第24条(利用の停止)の規定により、本サービスの利用を停止された利用登録事業所が辰野町の指定する期間内にその停止理由を解消又は是正しない場合又は辰野町からの通知が到着しないことを郵便の宛先不明等により確認した場合は、利用契約を解約できるものとします。
2.辰野町は、利用登録事業所が利用契約を締結した後になって第8条(承諾)第1項各号のいずれかに該当することが明らかになった場合、第24条(利用の停止)及び前項の規定にかかわらず利用契約を即時解約できるものとします。
3.辰野町は、前各項の規定により利用契約を解約しようとするときには、その利用登録事業所に確約の旨を通知もしくは催告をするものとします。ただし、やむを得ない場合にはその限りではありません。

■第12条(権利の譲渡制限)

本利用規約に別段の定めがある場合を除き、利用登録事業所が本サービス提供を受ける権利は、譲渡、売買、質権の設定その他の担保に供する等の目的とすることはできません。

第3章 サービス

■第13条(掲載情報・発信情報)

1.利用登録事業所が申し込み、登録をした情報は、辰野町の審査を受けることとし、その内容に不適切なもの(差別表現、インターネット上で使用できない文字、htmlタグ、情報誌や他の就職情報サービスに関する内容等)が含 まれていた場合、利用登録事業所の承諾を得ることなく該当箇所の修正、削除等を行うことができることとします。
2.辰野町は、表示・発信制限の規定を超えた登録や申し込みについては、それらをやり直し、延期することができるものとします。
3.利用登録事業所は求職者から応募・質問等を受けた場合は、当該応募・質問受付後1週間以内に何らかの返信を求職者にするよう努めるものとします。

■第14条(本サービスの廃止)

1.辰野町は、都合により本サービスの全部又は一部を一時的に又は永続的に廃止することがあります。
2.辰野町は、前項の規定により本サービスを廃止するときは、利用登録事業所に対し廃止する日の30日前までに通知します。ただし、やむを得ない場合については、この限りではありません。
3.本条第1項の場合、辰野町は利用登録事業所に対し、一切の責任を負わないものとします。

第4章 利用登録事業所、求人事業所、求職者の義務等

■第15条(自己責任の原則)

1.利用登録事業所は、利用登録事業所、求人事業所、求職者による本サービスの利用と本サービスを利用してなされた一切の行為(利用登録事業所、求人 事業所、求職者による利用又は行為とみなされる他者の利用や行為を含みます。以下、同様とします)とその結果について一切の責任を負うものとします。
2.利用登録事業所、求人事業所、求職者は、(1)本サービスの利用に伴い他者に対して損害を与えた場合、又は(2)他者からクレームが通知された場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
3.辰野町は、利用登録事業所、求人事業所、求職者がその責に帰すべき事由により辰野町に損害を被らせたときは、利用登録事業所、求人事業所、求職者に当該損害の賠償を請求することができるものとします。

■第16条(禁止事項)

利用登録事業所、求人事業所、求職者は、本サービスを利用して次の行為を行わないものとします。
1.本サービスもしくは他者を差別もしくは誹謗中傷し、又はその名誉もしくは 信用を棄損する行為
2.詐欺等の犯罪に結びつく、又は結びつくおそれのある行為
3.わいせつ又はわいせつを想起させる行為
4.ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為
5.無限連鎖講(ネズミ講)を勧誘する行為
6.他者になりすまして本サービスを利用する行為
7.選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する行為
8.本サービスもしくは他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為
9.本サービスもしくは他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為
10.法令に基づき監督官庁等への届出、許認可の取得等の手続が義務付けられている場合に、当該手続きを履行せず、その他当該法令に違反する行為
11.上記各号の他法令もしくは公序良俗に違反(売春、暴力、残虐、麻薬取締等)し、又は他者に不利益を与える行為
12.その他社会的状況を勘案の上、辰野町が不適当と認める行為

第5章 辰野町の義務等

■第17条(辰野町の維持責任)

辰野町は、本サービス用設備を円滑なサービス提供を目的として善良なる管理者の注意をもって維持します。

■第18条(本サービス用設備の障害等)

1.辰野町は、本サービスの提供又は利用について障害があることを知ったときは、可能な限りすみやかに利用登録事業所にその旨を通知するものとします。
2.辰野町は、設置した本サービス用設備に障害が生じたことを知ったときは、すみやかに本サービス用設備を修理又は修復します。
3.辰野町は、本サービス用設備等のうち、本サービス用設備に接続する辰野町が借り受けた電気通信回線について障害があることを知ったときは、当該電 気通信回線を提供する電気通信事業者に修理又は復旧を指示するものとします。
4.辰野町は、本サービス用設備等の設置、維持及び運用に係る作業の全部又は 一部(修理又は復旧を含みます)を辰野町が指定する第三者に委託することができるものとします。

■第19条(通信の秘密の保護)

1.辰野町は、本サービスの提供に伴い、取り扱う通信にかかる秘密を保護し、かつ、円滑に本サービスを提供するため、又は個人を特定できない態様(統 計情報への編集・加工を含みます)においてのみ、利用登録事業所、求人事 業所、求職者の通信の秘密に属する情報を使用又は保存します。ただし、辰野町が新規サービスを利用登録事業所、求人事 業所、求職者に提供する場合に、あらかじめ利用登録事業所、求人事業所、求職者の承諾を得た場合には、当該新規サービスに必要な範囲内で、利用登録事業所、求人事業所、求職者が使用を承諾した情報の保存及び分析等を行うことができるものとします。
2.辰野町は、刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他の法令に基づく処分等が行われた場合には、当該処分等に応える範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。
3.利用登録事業所、求人事業所、求職者による本サービスの利用に係わる債権・債務の特定、支払い及び回収に必要と認めた場合には、辰野町は、必要な範囲で金融機関又は取引先等に情報を開示することができ、その限りにおいては本条第1項の守秘義務を負わないものとします。
4.辰野町は、利用登録事業所、求人事業所、求職者が第16条(禁止事項)各号のいずれかに該当すると認められる禁止行為を行い、本サービスの提供を妨害した場合であって、正当防衛又は緊急避難に該当すると認められる場合には、本サービスの円滑な提供を確保するために必要な範囲でのみ利用登録事業所、求人事業所、求職者の通信の秘密に属する情報の一部を利用すること ができます。

■第20条(利用登録情報等の保護)

1.辰野町は、利用登録事業所の個人情報、その他前条第1項に規定する通信にかかる秘密に該当しない情報(以下、あわせて「利用登録情報等」といいます)を利用登録事業所から直接収集し、又は利用 登録事業所以外の者から適切に入手した場合には、本サービスの円滑な運営を確保するために必要な期間中これを保存することができるものとします。また、利用登録事業所は辰野町による当該情報の適切な状況下の保存及び利用に関し、承諾するものとします。
2.辰野町は、これら利用登録情報等を承諾なく利用登録事業所以外の者に開示、提供せず、本サービス及び付随的サービスの提供のために必要な範囲を超えて利用しないものとします。ただし、辰野町又は辰野町の本サービスに関連する情報提供やサービス案内等を行う場合においてはこの限りではありません。
3.辰野町は、刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他法令に基づく処分等が行われた場合には、当該処分等に応える範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。
4.辰野町は、(1)警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締役官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者から照会を受けた場合、又は(2)緊急避難又は正当防衛に該当すると辰野町が判断するときは、本条第2項にかかわらず、法令に基づき必要と認められる範囲内で利用登録等の照会に応じることができるものとします。
5.辰野町は、利用契約の終了後又は辰野町が定める保存期間の経過後は、利用登録情報等を消去するものとします。ただし、利用契約の終了後又は辰野町が定める保存期間の経過後においても、法令の規定に基づき保存しなければならないときは、当該情報を消去しないことができるものとします。
6.辰野町は、利用登録事業所、求人事業所、求職者との間で、個人情報等の収集、保存、利用及び第三者への提供などに関し、利用登録事業所、別途利用登録者、求人事業所、求職者に対して個別規約の承諾を求めることがあります。当該個別規約に利用登録事業所、求人事業所、求職者が同意した場合、当該個別規約の規定が本利用規約に優先するものとします。

第6章 利用の制限、中止及び停止

■第21条(利用の制限)

1.辰野町は、天災、事変その他の非常事態が発生し、又は発生する恐れがあるときは、災害の予防もしくは救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保、又は秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために、緊急を要する通信を優先的に取り扱うため、本サービスの利用を制限することがあります。
2.辰野町は、利用登録事業所が平均的な利用を著しく上回る大量の通信を継続して行い辰野町もしくは第三者のネットワークに過大な負荷を与えている場合、当該利用登録事業所による本サービスの利用を制限する場合があります。

■第22条(保守等による本サービスの提供の停止)

1.辰野町は、次の場合には、本サービスの提供を停止することがあります。
(1)辰野町の別途定める保守指定時間の場合
(2)辰野町の本サービス用設備の保守上又は工事上やむを得ない場合
(3)登録電気通信事業者等が電気通信サービスを中止した場合
(4)第21条(利用の制限)の規定により、本サービスの利用の制限を行っている場合
(5)利用登録事業所に対して、電話、FAX、電子メール等による連絡がとれない場合、又は利用登録事業所宛に発送した郵便物が宛先不明で辰野町に 返送された場合
2.辰野町は、前項の規定により本サービスの提供を中止するときは、あらかじめその旨を利用登録事業所者に通知します。ただし、やむを得ない場合はこの限りではありません。また前項の措置をとったことで、当該利用者が本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、辰野町は一切の責任を負わないものとします。

■第23条(要求等)

1.辰野町は、(1) 利用登録事業所、求人事業所、求職者による本サービスの利用が第16条(禁止事項)の各号に該当すると判断した場合、(2)当該利用に関し他者から辰野町に対しクレーム、請求等がなされ、かつ辰野町が必要と認めた場合、又は(3)その他の理由で本サービスの運営上不適当と辰野町が判断した場合は、当該利用登録事業所、求人事業所、求職者に対し、次の措置のいずれか又はこれらを組み合わせて講ずることがあります。
(1)第16条(禁止事項)の各号に該当する行為をやめること、及び同様の行為を繰り返さないように要求します。
(2)他者との間で、クレーム等の解消のための協議(裁判外紛争解決手段を含みます)を行うよう要求します。
(3)発信又は表示する情報を削除することを要求します。
(4)事前に通知することなく、発信又は表示する情報の全部もしくは一部を削除し、又は他者が閲覧できない状態に置きます。
(5)事前に通知することなく、情報を発信できないような一時的措置を執ります。
(6)第24条(利用の停止)に基づき本サービスの利用を停止します。
(7)第11条(辰野町による利用契約の解約)に基づき利用契約を解除します。
(8)辰野町の保持する情報をもとに、辰野町より裁判所・警察等の公的機関への訴えを提訴します。
2.前項の措置は第15条(自己責任の原則)に定める利用登録事業所、求人事業所、求職者の自己責任の原則を否定するものではなく、前項の規定の解釈、運用に際しては自己責任の原則が尊重されるものとします。
3.利用登録事業所、求人事業所、求職者は、本条第1項の規定は辰野町に同項に定める措置を講ずべき義務を課すものではないことを承諾します。また、辰野町が本条第1項に従った措置を行った場合、辰野町は利用登録事業所、求人事業所、求職者に対し一切の責任を負わないものとします。

■第24条(利用の停止)

1.辰野町は、利用登録事業所、求人事業所、求職者が次の各号のいずれかに該当する場合は、本サービスの利用を即時に停止することがあります。
(1)利用登録事業所に対する破産の申し立てがあった場合
(2)本サービスの利用が第16条(禁止事項)の各号のいずれかに該当し、前条 (要求等)第1号及び第2号の要求を受けた利用登録事業所、求人事業所、求職者が、本サービスの指定する期間内に当該要求に応じない場合
(3)前各号のほか本利用規約に違反した場合
2.辰野町は、前項の規定により本サービスの利用を停止するときは、あらかじめ停止の理由を利用登録事業所、求人事業所、求職者に通知します。ただし、やむを得ない場合は、この限りではありません。
3.本条の定めは、本サービスが利用登録事業所に対して損害賠償を請求することを制限するものではありません。

第7章 損害賠償等

■第25条(損害賠償責任)

辰野町は、本サービスを利用したことにより、もしくは、本サービスを利用できないことにより、利用登録事業所、求人事業所、求職者に損害が生じた場合について、利用者が本サービスの提供状況における明確な瑕疵(本サービスが定め、「たつのしごと」等で通知しているサービス内容が、実際に提供された状況のものとは異なっていた事実)を証明しない限り、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、一切の責任を負わないものとします。

■第26条(提供情報保証の否認)

1.本サービスにおいて提供される情報(求人情報、求職者の情報等)は、利用 登録事業所の責任で提供されるものとします。辰野町は、求人情報や求職者の情報、本サービスの効果等について何らの保証をしないものとします。
2.辰野町は、利用登録事業所が本サービスを利用して採用した求職者について何ら保証をしないものとします。

■第27条(損害賠償責任の範囲)

1.本サービスは、本利用規約で特に定める場合を除き、利用登録事業所、求人事業所、求職者が本サービスの利用に関して被った損害については、債務不履行責任、不法行為責任その他の法律上の責任原因(利用不能を含む)を問わず、賠償の責任を負わないものとします。ただし、本サービスの故意によってもたらされた損害がある場合には賠償の責任を負います。
2.本サービスは、利用登録事業所、求人事業所、求職者が本サービス用設備等に蓄積した、又は利用登録事業所、求人事業所、求職者が他者に蓄積することを承認したデータ等が消去し、又は他者により改ざんされた場合は、技術 的に可能な範囲でデータ等の復旧に努めるものとし、その復旧への努力をもって、消去又は改ざんに伴う利用登録事業所、求人事業所、求職者又は他 者からの損害賠償の請求を免れるものとします。
3.本サービスは、利用登録事業所、求人事業所、求職者が本サービスを利用することにより他者との間で生じた紛争等に関して、一切責任を負わないものとします。

■第28条(知的財産権)

1.本サービスに含まれる全てのコンテンツの知的財産権は、辰野町に帰属し、著作権法、商標法、意匠法によって保護されます。
2.本サービスのコンテンツを無断で転用することを禁じます。
3.本サービスのコンテンツを本サービスの利用以外の目的で使用(転用、複製、公開)使用とする場合は、事前に辰野町の承諾を得なければなりません。

以上
付則:
本利用規約本文:平成28年2月1日制定

利用規約補足<本サービスの詳細>

【本サービスの内容の変更】
1.本サービスは、利用登録事業所に事前通知することなく、本サービスの内容を変更することができるものとします。