誰かのためにできること

朝、晩はまだ少し肌寒く、日中になればポカポカと。

冷やし中華など、夏らしい食べ物も徐々に増え、気持ちも気温もホッコリするような季節。

 

まだ記憶に新しい、満開だった桜並木を通り天竜川を横目に辰野中学校を通り過ぎると本日の取材場所「カジュアルレストラン陽(HARU)」へ到着。

 


 

倫フードホールディングス株式会社。

ビジネスホテルエルボン辰野1Fのレストラン「カジュアルレストラン陽(HARU)」と、伊北インターを過ぎて左手「やる樹家」を経営。

 


 

眼下に天竜川を見渡す場所、ビジネスホテル エルボン辰野の一角「カジュアルレストラン陽(HARU)」はホテルのオープンと共に28年間宿泊客の食事はもちろん、どなたでも気軽に立ち寄れるアットホームなお店。

 


 

信州の代表格『ソースカツ丼』や地酒も豊富。店内は広々とした空間でゆっくり食事を楽しむ事ができます。

 


 

ビジネスホテルのお客さんがメインという事もあり、客層はサラリーマンが多い。

 


 

窓側にある桜の木は関さん自らが植えたとのこと。

季節と一緒においしい食事を楽しむ事ができる、心地のいいひと時です。

 


 

「やる樹家」がオープンしたのは、17年前。

隠れ家のような店内にはカウンター、掘りごたつ、和室があり居心地の良い空間。

お子様連れからご年配までお気軽にご来店いただけるお店です。

 


 

「二十歳の時、毎日飲みにいっていました。飲み屋っていいなって思ったのがきっかけで、いつかは自分でお店をやりたいと思っていました。お酒を飲みながら、美味しいものを食べる。そして絆が生まれる。そんな場所って素敵だなって。」

 

そう話してくれたのは代表取締役の関さん。

 


 

「飲んでいるときの会話ってとても大切で、その時間を共有して、さらに関係が良くなる事も多いですよね。今はあまりそういった機会は減ってきているようでさみしいですよね。普段話せない事でも、そういった場所では話せちゃう事もありますし。昔と比べたら飲み人口が減ってきていて、そういった意味では50、60代くらいの人たちが一番元気じゃないですかね。今でも飲みに行ったりしている50、60代は多いですね。そんなコミュニケーションの場所を自分が提供できたらって思いました。」

 

お酒の力ってすごい、確かにそう思います。

私自身、お酒を飲めるようになった時と今とを比べると、飲む人は減っているように思います。

 

お店を経営している方からすると、寂しい気持ちになりますよね。

特に関さんのような思いを抱いて自分のお店をオープンさせた人にとっては尚更。

 

関さんはお店を出す夢のために、料理の修業、バーテンダーの仕事、市場…

最初はやる樹家の店長からスタートし、数年後やる樹家を買い取り、自身の商売がスタートした。

数えきれないほどのお店を回り、お客さん側のニーズを調べ歩いたという。

 

飲食店のコンサルタントとしてメニューの考案やキッチン周りのアドバイス、ほぼ毎日のようにやる樹家でスタッフと共にお店に立ちながら、毎日飛び回っている関さんが、今一番力をいれているのが高齢者を対象とした「お弁当の宅配」。

 

「人のためになる、役立つ仕事をしようと心がけている。高齢者福祉に付随する“食”のサービスができればと考えています。

今は施設に入らず、一人で生活している方は大勢いるので、安否確認を含めてベッドまで持って行ったりもしているんです。ただ、宅配サービスがまだまだ認知されていないのが現実で、地道に口コミで広まってくれれば、こんなサービスあるんだって思ってもらえますからね。」

口コミは、いつの時代になっても決してなくならない最強の宣伝。

生きて行く中で人と関わらない事はあり得ません。いい事も悪い事も、やっぱり人から人なんですよね。

 

関さんは人と人がどういうカタチであれ、繋がっている事を求めている人。

今回お話を聞きながらそう感じました。

 

 

現在倫フードホールディングス株式会社では、一緒に働く仲間を募集中。

仕事内容としては、ホールスタッフ、お弁当の盛り付けと配送。

 

接客業ということもあり、求めている人材は「やる気」と「元気」が一番。

やる樹家は、ランチ営業をしているため、11:00〜14:00と夕方17:00〜12:00という営業時間。

カジュアルレストラン陽(HARU)は、レストランの朝食が6:30〜9:00。夕食が17:30〜23:00という営業時間。

宅配弁当は詰める作業が朝7:30〜11:30。配達が朝9:30〜12:30。夕方は15:30〜18:00。

 


 

箕輪町から事業が始まり、何年か営業している中で沢山のお客様から“辰野町にもお店を出してほしい”そんな声があってこその出店。

 

お客様が求めている空間とはなんなのか。

 

町のアンケート調査では20代〜60代共に「飲食店や娯楽施設が少ない」という声が多くある中で今までと同じ事をしていたら何も変わらない。何か新しい事、アイディア…

なんとなく切なそうに話す関さんでしたが、「どうにかしないと」。

そう言っているようにも感じました。

 

関さんの言う「絆が生まれる、コミュニケーションの場所」は今後より一層具体的なカタチとして生まれるかもしれません。

  • 会社情報
  • 求人情報
  • 会社情報
    事業所名倫フードホールディングス株式会社
    所在地〒399-0424 長野県上伊那郡辰野町赤羽169-1 エルボン辰野1F
    電話番号0266-43-3157
    FAX0266-43-3157
    設立年月日平成22年3月1日
    資本金300万円
    代表者名関 倫夫
    全従業員数20名 (うち男性5名、女性15名)
    主な業種飲食業
    事業内容レストラン・宅配弁当
    会社PR

    「町を盛り上げたい」「長野を元気にしたい」そんな気概で毎日営業しています。

  • 求人情報
    事業所名倫フードホールディングス株式会社
    所在地〒399-0424 長野県上伊那郡辰野町赤羽169-1 エルボン辰野1F
    電話番号0266-43-3157
    FAX0266-43-3157
    仕事内容レストランでの接客、調理補助、弁当の盛り付け、配達
    通勤場所〒399-0424 長野県上伊那郡辰野町赤羽169-1 エルボン辰野1F
    雇用形態アルバイト
    求人数3名
    給与時給800円〜1,000円
    加入保険雇用・労災
    募集期間29年6月1日〜
    選考プロセスお電話→書類をお送りいただきます
会社情報
事業所名倫フードホールディングス株式会社
所在地〒399-0424 長野県上伊那郡辰野町赤羽169-1 エルボン辰野1F
電話番号0266-43-3157
FAX0266-43-3157
設立年月日平成22年3月1日
資本金300万円
代表者名関 倫夫
全従業員数20名 (うち男性5名、女性15名)
主な業種飲食業
事業内容レストラン・宅配弁当
会社PR

「町を盛り上げたい」「長野を元気にしたい」そんな気概で毎日営業しています。

求人情報
事業所名倫フードホールディングス株式会社
所在地〒399-0424 長野県上伊那郡辰野町赤羽169-1 エルボン辰野1F
電話番号0266-43-3157
FAX0266-43-3157
仕事内容レストランでの接客、調理補助、弁当の盛り付け、配達
通勤場所〒399-0424 長野県上伊那郡辰野町赤羽169-1 エルボン辰野1F
雇用形態アルバイト
求人数3名
給与時給800円〜1,000円
加入保険雇用・労災
募集期間29年6月1日〜
先行プロセスお電話→書類をお送りいただきます