家族の支えあってこその自分

 

今回ご紹介する企業様は多数の合併、統合により成長し、今も尚新たな進化へ向けて前進し続ける会社。

 

 

辰野工場と木曽工場からスタートし、事業部の一部がIHIグループの他社と合併。株式会社IHI回転機械が誕生。

現在まで多数の合併と統合を経て、製造、販売からサービス、メンテナンスといった製品のライフサイクルを全てカバーできる企業へと進化。

 


 

「元々ものづくりの工場でしたが、全てカバーできる事はお客様にとってさらに信頼していただける要素の一つです。」

 

力強く語ってくださったのは今回インタビューに答えていただいた清水さん。

 


 

どういった仕事内容なんでしょうか。

「辰野事業所で造っている製品は4つあります。一つ目はコンプレッサーと呼ばれるもので、圧縮空気をつくる機械です。多くの場所で動力源として使われています。例えば工場で機械を動かしたりですかね。二つ目は舶用過給機といって船のエンジンに付けるターボチャージャーです。車のターボでもおなじみで、エンジンの馬力を上げたり、燃費を良くしたり排ガスをクリーンにしたりといった機能を持つ製品です。」

 

コンプレッサー…

最近よく聞きますが、すみません。もう少し詳しくお願いします。

「一番身近だと、ガソリンスタンド!タイヤ交換する時にダダダとナットを回したりするあれも、空気の力ですからね。三つ目は油圧モーターといって港や船に付いているクレーンで使うモーター。四つ目は小型バイナリー発電装置といって、去年から新しく始まった製品です。従来の製品だとお湯を沸騰させた蒸気の力で羽を回し、電気を発電させるやり方でしたが、70度くらいのお湯から電気を発電させることができる装置です。お客様は主に温泉地が多いですね。温泉の熱を使って電気を発生させるんです。」

 

辰野事業所は製造のみで、全国の事業所・営業所でメンテナンスやサービスを行なっている。

本社や他の事業所では、遠心分離機といって、回転による遠心力により、個体と液体を連続的に分離する製品や、機械に自動的に油やグリスを供給したりする装置なんかも扱っているとのこと。

ロゴマークを見ただけで分かるほど知名度がある会社を支えているのは、なくてはならない部品を確実に造り出している株式会社IHI回転機械のような企業がいるからでしょうか。

 

北は北海道から南は沖縄まで合わせて33カ所の事業所、営業所、工場がある株式会社IHI回転機械。

全社合わせて従業員は約1,000名ちょっと。

女性従業員の活躍の場を広める活動も行っており、HPにも掲載しアピールしている。

 

過去にはGP(グリーンパスポート)という製品の女性だけのプロジェクト「チームグリーンパスポート」もあり、実際お客様へのプレゼンテーションなどを行っていた。

省エネ・省メンテで環境にやさしいオイルフリーコンプレッサ。水で潤滑、冷却を行うため、食品関係のお客様が多いという。主に大手飲料メーカー。コンプレッサは作った空気に若干油が混ざってしまうものですが、GPは油が入らないクリーンなものができます。食品や製薬会社などにも導入などといった活動もされていた。

 

女性従業員、伊藤さんにもお話をお聞きしました。

「IHI自体が各国に拠点があるので、部署によっては海外へ行き活躍できることはとても魅力だと思います。もちろんトラブルで行く事もありますが、サービスやエンジニアの方は結構海外へ行く機会はあります。実際私はドイツへ行きました!」

 


 

「まさに今海外に向けに拠点を新しく展開したりと、大変さもあるが活躍の場がグンと広がる」

伊藤さんのこの言葉は、今後IHI回転機械に入ってくるであろう従業員にはとても魅力的なフレーズに聞こえ、会社自体の誠実さがにじみ出ていた。

 

「上伊那や諏訪方面は精密機械が多いですが、弊社はいわゆる重工業。大きな部品で昔ながらの一品一様っていうのが多いと思います。お客様のニーズに合わせて造るものばかりなので量産がなかなかできません。そういった形はここら辺では珍しいかもしれません。」

国内問わず海外へも全てがオーダーメイドのようなものと話す伊藤さん。

勢いよく語る伊藤さん、仕事の楽しさを全身で伝えてくれました。

「辰野には設計や生産技術という部署があり、設計に関しては本体の主要部分は親会社であるIHIがやりますが、先ほど話があったようにお客様によって製品が全部違うのでそういった部分でお客様の仕様に合わせた設計ができることも魅力のひとつですね。自分が設計して図面を起こしたものが製品になる喜びと、生産技術で言えばどう造るのがベストか、どういった機械を使ってどう加工するかを考える事はものづくりが好きな方にとって楽しい場だと思います。」

 

今の株式会社IHI回転機械にとってどのような人材が必要でしょうか。

そして今後の会社の在り方をお聞きしました。

 

「自分で考えて動けるような人は会社としては魅力を感じますね。最近割とおとなしい方が多い印象を受けているので、元気があって、積極的に働いてくれると活気づきますよね。会社で夏祭りなんかも企画して従業員のご家族を招いて楽しくやってますよ。採用時、本社が一括採用をするんですが、実はどこに配属されるかは適正結果次第なので何とも言えませんが…。」

 

「今後のIHI回転機械はやはりお客様に使っていただく製品なので、お客様のニーズに合わせたもの、お客様のことを第一に考えていく部分は一番大切なので今以上に考えていかないとと思っています。そして、海外への展開をいち早く進めていければと考えています。」

  • 会社情報
  • 会社情報
    事業所名株式会社IHI回転機械 辰野事業所
    所在地〒399-0492 長野県上伊那郡辰野町大字伊那富3934
    電話番号0266-41-1211
    FAX0266-41-1240
    URLhttp://www.ihi.co.jp/icm/
    設立年月日1965年9月 ※2007年、合併により現社名に変更
    資本金10億3350万円
    代表者名代表取締役社長 前田 啓二
    全従業員数994名 (うち、男性823名 女性171名)
    主な業種製造・販売・サービス・エンジニアリング
    事業内容汎用圧縮機、舶用過給機、船舶用デッキクレーンの油圧モーター・ポンプ歯車装置の製造ならびに汎用機械、大型回転機械を主体としたプラントエンジニアリングおよび機器・設備の設計から据付メンテナンス、アフターサービス
    会社PR

    我々IHI回転機械は、経営理念に基づき「各種機械の製造・販売・サービス・エンジニアリング」を核として、産業と社会のニーズに的確にお応えしてきました。

    そしてこれからも、伝統ある信頼の技術と世界に広がるネットワークを駆使して、未来にたゆまず挑戦する総合エンジニアリング企業として成長し続けます。

会社情報
事業所名株式会社IHI回転機械 辰野事業所
所在地〒399-0492 長野県上伊那郡辰野町大字伊那富3934
電話番号0266-41-1211
FAX0266-41-1240
URLhttp://www.ihi.co.jp/icm/
設立年月日1965年9月 ※2007年、合併により現社名に変更
資本金10億3350万円
代表者名代表取締役社長 前田 啓二
全従業員数994名 (うち、男性823名 女性171名)
主な業種製造・販売・サービス・エンジニアリング
事業内容汎用圧縮機、舶用過給機、船舶用デッキクレーンの油圧モーター・ポンプ歯車装置の製造ならびに汎用機械、大型回転機械を主体としたプラントエンジニアリングおよび機器・設備の設計から据付メンテナンス、アフターサービス
会社PR

我々IHI回転機械は、経営理念に基づき「各種機械の製造・販売・サービス・エンジニアリング」を核として、産業と社会のニーズに的確にお応えしてきました。

そしてこれからも、伝統ある信頼の技術と世界に広がるネットワークを駆使して、未来にたゆまず挑戦する総合エンジニアリング企業として成長し続けます。