一緒に育て、育っていく

創業22年、活躍する場所は県内にとどまらず

北海道から九州まで全国に広がる

「有限会社イー・エックス・シー工建」


 

代表取締役の小林様にお話を伺いました。

業務内容は?


 

「建設現場で杭を打つ仕事。コンクリートパイルだとか山留めだね。

例えば、建物の地下を作らなきゃならない時に敷地が広ければいいんだけれど、狭い時に5m、10m掘るじゃない、掘ったあと隣の建物が倒れないようにするためにH鋼を入れて山留めをするとか、コンクリートパイルで杭打ちするとかして地下の構造物を作れるようにする仕事だね。」

 

今、従業員の方は何人ですか?

「12人だね。」

お若い方たちが多いんですかね??  力仕事とかあるんですか??

「力仕事って言うか、機械でやるからね、手作業って言うよりも重量物を扱っているから。50トン、60トンって重さがある機械だからね。」


 

そしたら皆さん資格を持って作業しているってことですか??

「そうだね資格が一番だね、まぁ資格と経験だね。 県内の仕事もあるけど県外の仕事が多くてね、仕事をするところは全国だから。北海道から九州まで、だから基本的には全国だね。 で、一番多いのは長野県を取り巻く県かな。

この辺りの近いところでは箕輪、伊那、駒ヶ根、諏訪とかでこの機材を持って行って作業するんだけど、従業員を何班かに分けて送りだしてして作業しているってことだね。」


 

社長さんにとって、この仕事のやりがいは??

「以前、自分自身が違う会社に行っていて、10何年、、やっぱそこで勉強して、会社を立ち上げたんだけどね。好きってことだなこう言う仕事が。」

「この会社は俺が37歳で始めて0からスタート、今でこそ色々な機械が揃ってきているけど、最初は人しかいなかったから機材を借りてやっていて。で、20年経っていよいよここまで来たのかなってところだね。 大変な時期もありましたよ。。

でも一番は株式会社角藤の協力業者として角藤と一緒に色々開発して、こういう機械を作ったんだよね。日本全国に10台位しかないうちの5台位をうちが持っているんですよ。」


 

「掘る機械ってのは色々なものがあるんだけど、角藤さんとの協力で自社開発したことで人のやらない狭いところとか、土の固いところとか、機械の高さが低いから高さ制限があるところとかね、そういう場所をターゲットにしてやっていくことが出来るようになったわけなんですよ。」

「東京とかって言うと、ローム層って言って20メートルも30メートルも柔らかい粘土みたいな層があるんだけれども、こっちの長野県、岐阜県、山梨県は地盤が固いんですよね。固い地盤が多いからそういうところが掘れる機械がないと困るわけ。地方地方にはそう言う特徴があって、その特徴にあった発展した機械があったり、ノウハウがあるんですよ。

でも、ただスイッチを押せば穴が掘れるってもんじゃないからね、それが技術ってことだから。」


 

求める人材は??

「今なかなか人がいない厳しい時代なんだけどね、、

どういう人に来て欲しいってのはあんまりないんだよ。

どういう風にここで育てていくかが問題であってね、もともとできる人がいるわけがないんだよね、世の中に、、どんな仕事もそうだけど、どうやて育てていくかだよね。

一緒に育てて、どう育っていくかってことなんだよ。

だから最初からできる人なんていると思わないですよ。

ここにいる人たちは色々ですよ。パソコン関係の仕事をしていた人もいるし、短大出の人もいるし。短大を卒業して保育士の資格を持っているけれども、こういう仕事をやりたいって来た人もいるし。

もともとこの機械を持っている人なんていないわけだから。

要は一緒に育っていくっていうね、自分も従業員も。っていうスタンスかな!

だから合わなくて辞める人もいるし、ずーっともう何十年もいてくれる人もいるしね。どこの企業も同じだろうけど、、 ただ、働くことがいやならダメだよな。」


 

「でね、全員が同じ箱の中に入って収まる様だとまた困るわけだね。

そこからはみ出てもっとたくさんできちゃう人もいるわけだし、中間的な人よりもちょっとしかできないけれど、ちょっと違うところで良いところがあるとか、人間それぞれじゃない。。チームで動いているから全員が親方みたいだとまた困っちゃうんですよ。

ま、家庭もそうでしょうね、お父さんもお母さんも強かったらどっちかが折れないと上手く行かないでしょ。

だからあまり立派な哲学もないんだけど、共に育って行ければこれを糧に家庭がしっかりして、しっかり稼いでね。。」


 

先ほどお話で「資格」が必要だとうかがいましたが、、

「この仕事は公共の事業を扱っているから色々な資格が必要なんですよ。一つの仕事をとるのにも、資格を持っていないとね受注できないわけですよ。

一つの機械を動かすのにもそうですし、物を吊るにも、ワイヤーをかけるだけでも資格がいるし、それを外すにも資格がいるわけですよ。

作業の全てに資格が必要なわけですよ、その中には特別教育だとか技能講習が必要だったり、国家試験の資格だとかっていう色々な資格が必要だから、従業員はみんな15、6は持っているんじゃないかな。1人だけ持って入れば良いっていうんじゃなくて、ある程度の基本的なものはみんなが持っていなきゃいけないからね。」


 

「だから大変ですよ、、勉強が嫌いで俺はこういう仕事をやろうと思ったんだけども、あの頃もっと勉強しときゃよかったなと思ってますよ。本当にそう思いますよ。安全性の勉強も一緒に付いてくるから、法律のことも勉強するし。 だから何もない人よりはそういうことの勉強をして来た方が良いってことですよね。

でも、資格は会社に入ってから勉強する専門の機関があるから、そこに行ってもらって一週間位勉強してもらうとか、色々な方法で社員を育てていきますよ!」

歯切れの良さに、頼もしさを感じる小林社長でした。

  • 会社情報
  • 求人情報
  • 会社情報
    事業所名有限会社イー・エックス・シー工建
    所在地長野県上伊那郡辰野町大字平出4084-1
    電話番号0266-41-2238
    FAX0266-41-3238
    E-mailexckoken@amber.plala.or.jp
    設立年月日平成8年5月1日
    資本金500万円
    代表者名小林 強
    全従業員数11人(男性:11人)
    事業内容山留杭、コンクリートパイル、鋼管杭等の施工
  • 求人情報
    事業所名有限会社イー・エックス・シー工建
    所在地長野県上伊那郡辰野町大字平出4084-1
    電話番号0266-41-2238
    FAX0266-41-3238
    E-mailexckoken@amber.plala.or.jp
    仕事内容山留杭、コンクリートパイル、鋼管杭等の施工
    雇用形態正社員
    給与17万円〜25万円
    加入保険雇用・労災・健康・厚生・退職金共済
    昇給実績あり
    賞与実績あり(年3回)
    退職金制度あり
    就業時間8:00〜17:00
    時間外労働の有無あり(月平均10時間程度)
    休日休暇週休2日(会社カレンダーによる)
会社情報
事業所名有限会社イー・エックス・シー工建
所在地長野県上伊那郡辰野町大字平出4084-1
電話番号0266-41-2238
FAX0266-41-3238
E-mailexckoken@amber.plala.or.jp
設立年月日平成8年5月1日
資本金500万円
代表者名小林 強
全従業員数11人(男性:11人)
事業内容山留杭、コンクリートパイル、鋼管杭等の施工
求人情報
事業所名有限会社イー・エックス・シー工建
所在地長野県上伊那郡辰野町大字平出4084-1
電話番号0266-41-2238
FAX0266-41-3238
E-mailexckoken@amber.plala.or.jp
仕事内容山留杭、コンクリートパイル、鋼管杭等の施工
雇用形態正社員
給与17万円〜25万円
加入保険雇用・労災・健康・厚生・退職金共済
昇給実績あり
賞与実績あり(年3回)
退職金制度あり
就業時間8:00〜17:00
時間外労働の有無あり(月平均10時間程度)
休日休暇週休2日(会社カレンダーによる)