シンプルお片づけ


 

シンプルお片づけの宮島と申します。昨年(2016年)の12月から2月までの3ヶ月間、インターンシップの学生さんに入っていただきました。私の仕事は、一般の方や企業さまに向けて、講演、研修、整理収納コンサルティング(実際の現場へ伺って片付けコンサル)などのサービスを通じて、自宅や会社を片付けたい方に向けて、物や心の片付け方や片付けの考え方の指導をさせていただいています。

 

スタート時には個人向けや家庭向けのビジネスとして始めました。セミナー講師をしながら個人宅に伺って部屋の片付けやカウンセリングを通しましてお家の中をスッキリさせるのが仕事です。

 

その際、お客様自身が片付けが出来るようになり効果を感じてもらえるようにとやってきました。そうした中で、家庭向けのビジネスが落ち着いてきたところで、これからは企業さまへ向けて事業拡大していきたい意向がありました。

 


 

開業当時は、家庭向けが100で企業向けはゼロでしたが、昨年は、家庭向け50%企業向け50%の半々くらいの割合にまでなりました。更にこれからは、企業者様向けに事業を展開させてやっていきたい。家庭向けは、業務委託というカタチで私の手を離れて業務に当たっていただく機会も増えてきたところでした。

 

個人事業主として仕事を始めてから7〜8年ほど経つと「物」の片付けはできても「事業」の片付けを自分で行うことが難しく感じていました。

 

物の片付けが苦手な方や、つい先延ばしにしてしまう方には、客観的についていてくれて、指導したり励ましたりしてくれるコーチ役のような人がいると良いと、私は思っているのですが、私にとって事業の片付けというのも、第三者的な目で見てくれる人がいたらいいなと、常に思っていました。

 


 

インターンシップでなみ(清水 那光子)さんが入ってくれたことで、私が困っていた「事業のお片づけ」をすべく、取り組み始めることができました。

 

ちょうど、家庭向けから企業向けに事業転換を考え、ホームページリニューアルをしたいと考えていたところでした。

 


 

最初は、企業向けのプレゼン資料などを一緒に作成してもらって…などと話していたのですが、実際に始めてみると、それ以前に私の事業内容の整理ができて、スタッフ間にも浸透している状態にしないと難しいということがわかりました。

 


 

なみさんに仕事の様子を見てもらったり、ヒアリングしてもらうことで、なんとか自分の頭の整理を始めたのですが、正直、最初は若い大学生の女の子に、自分をさらけ出すのは少し抵抗がありました。でも、今思えば、私の事業を知らない、なみさんだったからこその気づきや疑問をいただいたりすることができ、結果、ホームページリニューアルのための基礎を作ることができました。

 


 

3ヶ月という短い期間で頑張っていただき、ホームページの基礎が出来上がったことで、自分自身の事業を、一目で見てわかる状態に片付けられたことは、とても嬉しく、その後、企業さんからのお問い合わせにも明確に答えられるようになってきたことは、とてもありがたいです。

  • 会社情報
  • 会社情報
会社情報